インドで考えたこと

海外へ出ることが厳しく制限されていた終戦直後、作家として海外の旅を書いた、ほぼ第一号といわれている一冊。
宮崎駿氏がもっとも尊敬する人物のひとりだそう。

60年前の文化考察は、今読んでも新鮮で、おもしろい。 堀田善衞『インドで考えたこと』岩波新書

戻る