神去なあなあ夜話

笑えて、ちょっとじーんとくる、 お仕事エンタテイメント小説を書かせると本当にうまい、三浦しをんさん。 なあなあシリーズは、林業と青春の物語。馴染みのない職業の話でも?とならないのは丁寧な取材があるからだろう。
百年単位で流れる山の時間、いいなぁ。

戻る