美しい街

うつくしい詩集を友人に贈るよろこび。
大好きな詩人のひとり、尾形亀之助。

言葉と言葉の隙間に、声に出せない、 せつなさとやさしさがあるのです。
尾形亀之助『美しい街』夏葉社

戻る