すべて真夜中の恋人たち

真夜中の優しさが好きだ。じぶんが朝型の人間だからよけい憧れるのかもしれない。

真夜中の澄んだ空気には思わず心を開き、となりの人に向かって胸のうちを語らせてしまう力があるような気がする。遠くに光る星々に語りかけるように。

心迷う大人を次の季節へ導く、微かな兆しを描いた物語は冬の終わりが似合う。

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』講談社文庫

戻る