月の砂漠をさばさばと

でも、この世ではいろいろなことが、ー本当に信じられないようなことがー起こります。だから、そういい切る自信もなかったのです。ただ、これだけはいってあげたいと、同じ言葉を繰り返しました。「怒らないよ」ー「さそりの井戸」

北村薫『月の砂漠をさばさばと』新潮文庫

子どもと共に生きる喜びと切なさ。成長を見守る眼差し。娘の父になった人へ、お年賀の一冊。

戻る