あたらしい名前

アフリカ・ジンバブエ出身作家の鮮烈なデビュー作。少女ダーリンは、暴力的でもろい世界を見据えながら、ジンバブエの貧しい村、そして富裕なアメリカの郊外で成長していく。

主人公の声が耳元に残るような翻訳がすばらしい。
小川かなこさんの装画もぴったり。

ノヴァイオレット・ブラワヨ/谷崎由依『あたらしい名前』早川書房

戻る